保険は見直しが必要です

保険は見直しが必要です

私たちにとって保険は安心な暮らしのために必要であり、多くの人が契約しています。
万が一の時の為に私たちは、保険会社に毎月、または毎年少なくない金額の保険料を支払っているのです。
家計の中で保険料の占める割合はかなり高い家庭も少なくありません。万が一をいろいろ考えるうちにどんどん保険の契約を増やしてしまうという気持ちもとても分かります。

しかし、やはり金銭的に余裕のない中から必要以上の保障を得るために高額な保険料を支払うのは現状の暮らしを豊かにするためにはよくないと思います。

必要な保障は、それぞれの家庭のライフスタイル、家族構成によって変わってきます。
多くの人が初めて保険の契約をするのは、会社に勤めだした新入社員の時代ではないでしょうか。両親を養っていたりなど事情があれば別ですが、独身の時の必要な保障はそれほど高額ではありません。保険を見直さなければならないのは、まず結婚した時でしょう。
一人から二人になり、守るべき家族のための保障を考えなければなりません。共働きか家は購入済みかなどからもそれぞれ必要な保障は変わってきますが、独身時代のままでは足りなかったり、必要ない保障があるかもしれません。その後、子供が産まれたら、さらに必要な保障額は高額となってきます。
自分に万が一のことがあった時に、子供が進学などの際に困る事のない保障を考えなければなりません。この頃が最も保険料も高くなり家計には負担のかかる時期かと思います。
子供がまた二人三人となれば、その度に保険の見直しが必要です。
ここまでは、割と多くの方が見直しをしているかもしれません。

しかし、その後必要な保障額は減っていくのにずっと高額の保険金をかけていることを気にせず、保険の見直しをしない方が多いのではないでしょうか?子供がどんどん大きくなり、社会人になればあとはまた夫婦二人の保障を考えればいいのです。
その際には保険料負担が少なくてすむようにしっかりと見直しした方がいいと思います。
年金から支払う保険料は負担も大きいので、必要最低限な保障を確認の上、余裕があれば保障を増やしたりしたらいいと思います。
保険料で生活が苦しくならないよう保険の見直しは意識してしていくといいのではないでしょうか。

Copyright (C)2015保険は見直しが必要です.All rights reserved.